梟茶房(ふくろうさぼう)

男性向け衣食住の役立ち情報ブログ。累計10万PV突破。

【小噺】服選びの最初の1冊ならこれ。大山旬の著作を押す3つの理由。

後編。お洒落迷子男性層を狙うアパレル飢狼達。頂点に立つ男は勝つべくして勝つ。

f:id:owl296380:20180814002505j:plain

 

こんばんは。
博士です。

 

さて前回でMBと言う人がファッションマニュアル本をヒットさせたという話をしました。

owl296380.hatenablog.com

 


それで名だたるアパレル重鎮本を抑えて、30代以降に「大山旬」の著作をオススメする理由は3つです。

 

①しがらみが少ない

 

この人は「パーソナルスタイリスト」という職業です。
芸能人とかスタイリストという服選び専門職の方に服を選んでもらうわけです。
それの一般人版です。

 

つまり服屋と直接のつながりがありません。

 

アパレル重鎮の本は基本的に自分の店で扱う商品を紹介します。
もちろん着た上で良かったから紹介しているわけですよ。
でも「ユニクロでもいいですよ」みたいなことを言ってもサラリと流すわけです。
そりゃガッツリ紹介したら関係者に吊し上げを食らいますよ。
会社員なんですから。

 

大山旬は違います。
独立して事務所を構えているので、普通にユニクロ9割とかで本も書いてしまいます。

ユニクロ9割で超速おしゃれ

ユニクロ9割で超速おしゃれ

 

 


ただ高級品に詳しくないかというとそんなことはなく。
大山旬は長期にわたってやっているブログがあります。

35歳からの大人の男のファッション改造計画「センスに自信がなくてもおしゃれになる方法」| スタイリスト大山 旬 | おしゃれに必要なのは「センス」じゃなくて「知識」です。5冊の著書を持つスタイリスト大山 旬が大人のファッションの基本についてお伝えするブログです。

 

ここで自分の所持品をたまに公開していますが高級品も使っています。
またお客様をそういう店に梯子して連れていることもあります。
弘法筆を選ばず。

 

つまり自由かつ十分な知識があるわけです。

 

②客観性


アパレルの重鎮は当然、自己流のファッションが完成しています。
そしてそこを始点として文章を重ねます。
例え「服をはじめて選ぶなら」みたいなテーマでもちょっと上級者向けだったりします。

 

はっきり言うなら高額商品を平気で勧めてきます。

 

それなりに服飾をわかっているなら5万円のコートと言われてもビビらないと思います。
「へー。この生地と作りで5万。ボタンも水牛で裏地もキュプラ。お買い得お買い得」

品質はともかくユニクロでカシミア100%コートが1万円台で買える時代です。
これは初心者にはキツイ。


そして彼らが相手として想定しているのは「自分の店に来る初心者」です。

 

その店に行く時点で多分、本物の初心者ではない。

 

そしてこの手の本を本当に必要としているのはこういう層です。
・よくわからないまま学生時代の服を未だに来ている
・服は妻が買って物を言われるままに着ている
・周りに言われたけど俺ってダサいの?(無自覚)

 

大山旬はプライベートスタイリストでこんな層も相手にしています。
(無理やり妻に連れてこられた旦那とか)
つまり本物の初心者相手の服選びの経験値がそもそも圧倒的なのです。

 

そりゃ初心者向けに書けるわ。

 


③人柄


本の内容と人柄なんか関係ないじゃん。
そう思う人もいるでしょう。

 

極端な話、文章力があればある程度の相手は騙せます。

 

しかしアパレル屋の大多数は文章の専門家というわけではありません。
結果として起こるのが、専門的な話がチョイチョイ入り込む状況です。

 

例えば「スラックス」。
これは簡単に言うとスーツの「ズボン」のことです。
でもこれを表す類義語をざっと書き出してみます。
「パンツ」「デニム」「トラウザーズ」「キュロット」…

 

服に詳しくない男性には「ズボン」以外はおそらく伝わりません。


しかし大多数が日頃使っている「パンツ」と書いてしまいます。
もちろんターゲットが自分の店に来る人間ならいいのですよ。
でもパッケージから受ける印象は男性全年齢OK的な表現なんですね。
あんまり親切とは言えません。

 

そしてこういうものって文章の端々に出ます。
博士の文章も底意地の悪さが透けているはずですよ。

 

ここは「お前は文章の専門家じゃないんかい!」ってツッコむところです。

 

大山旬も全てが親切な単語というわけではありません。
また内容も全て納得するものでもありません。
例えば博士は「白ズボン」に否定的です。

 

しかしブログを長期連載し、書籍を5冊も出す文章力。
ウェブデザイナー職を経験し、自社サイトを作るくらいのWEB知識。
数多の素人をお洒落にさせてきたスタイリスト実績。

 

ここまでこのジャンルに向いている人材は1000冊読んでも他に見つかりませんでした。
MBは同じくらい条件を揃えていますが、明らかに方向が20代や非一般人です。

 

ちなみにブログの内容はここを差っ引いてもいい人の匂いがします。
弱者の立場で考えてくれそうな。


お会いしたことがないので本当のところはわかりません。

 

もしかしたらテクニックでいい人に見せているだけかもしれません。
もしかしたらユニクロマネーでステマしているかもしれません。
もしかしたら高度AIで実在の人物ではないのかもしれません。

 

しかし内容は間違いなく、初心者でも読みやすい内容になっています。


ちなみに他の著作でない理由は5冊中3冊に電子書籍がないからです。
2冊の内、内容が新しい方を選びました。
他の著作もレベルが高いので気に入ったら買ってみましょう。

 

 

 

おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」

おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」

 

 

 

365日をおしゃれに楽しむ男のワードローブ

365日をおしゃれに楽しむ男のワードローブ

 

 

 

ユニクロ9割で超速おしゃれ

ユニクロ9割で超速おしゃれ

 

 


ちなみに博士は珍しく紙本も全て買いました。
待っても電子書籍化しないので。

 

博士にアメコミ以外の紙本を買わせるとは、やるな大山旬って感じです。

 

断っておくとアパレル重鎮の本がつまらないかというとそんなことはありません。
むしろ癖がある分、最低限の知識があれば頷けたり発見も多いはずです。
人によっては大山旬の著作より役に立つでしょう。

 

ただ最初の1冊としては入手難度も含めて、この大山旬の本がベストというだけです。

 気になった人は買ってみましょう。
多分1000円分の服を買うより、はるかにお洒落になれます。

 

1000円払えない人は梟茶房の衣編をどうぞ。
無料です。

 

↓最初に読むべき記事

 

ちなみに①~③の項目と結論が全然合ってないですね。

博士もベストセラー作家の文章力が欲しいです。

ライブ感優先なので直さないけど。

 

では、おやすみなさい。

 

f:id:owl296380:20180418132638p:plain

梟茶房案内所 

f:id:owl296380:20180418132215p:plain

 ブログ関連

 

↓このアイコンを押すと読者になります

 

↓最初に読むべき記事

 

 ↓カテゴリーまとめ

 

 ↓お問い合わせはこちらまで
メールフォーム

 

 

f:id:owl296380:20180418132215p:plain

有料応援

 

↓この記事が面白かったらアマゾンギフト券を購入して梟茶房を応援しよう

梟茶房のAmazon欲しいものリスト

 

 ↓「note」というサイトにも記事あります

服朗|note

◆世界一簡単な財布の選び方 100円。あなたの財布大丈夫?

◆世界一簡単なスーツの教科書 500円。スーツに隠しルールあり 

 

f:id:owl296380:20180418132215p:plain

無料応援
 
 ↓どちらか好きなアイコンを押すと梟茶房が人気になります

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

スマホ電子書籍アプリを入れるべし。

電子書籍のおすすめはkindle1択。持ち物を減らすべし - 梟茶房(ふくろうさぼう)

 

↓ここから楽天amazonでお買い物をすると梟茶房が潤います

 
 

 

f:id:owl296380:20180418132638p:plain