梟茶房(ふくろうさぼう)

男性向け衣食住の役立ち情報ブログ。累計10万PV突破。

大人の男性の防寒インナーはニットのみ。形は3択。

ニットには色々な種類がありますがお勧めは3種類。雑談多めで説明

f:id:owl296380:20171104000809j:plain

 

[人物紹介 ●:(メン)フクロウ博士 ○:ミミズク]


〇ようやく。
 基本6アイテムではありませんが…

f:id:owl296380:20171007105635p:plain
●使うのが冬場限定だけどね。
 素材をコットンや薄手にすれば春秋もいける。
 今回は冬場用の防寒インナーとして紹介。
〇ジャケットとシャツの間に着る感じですね。
 それでニットが最適な理由とは?
●簡単に言うとベストだとやりすぎスウェットやジャージだとカジュアルすぎ
 ニットがほどよい大人の私服感が出るので防寒に選びましょう。
 「ニット」とはウールやカシミアなど動物の毛を編み込んだ素材のことです。
 有名な形はこんなところかな。

f:id:owl296380:20171104000930j:plain

〇左から「クルーネック」「カーディガン」「ハイネック」ですね。
 この3つならどれを選んでもいいの?
●構わない。
 首がV字なっている「Vネック」や腕部分に生地がない「ベスト」は選ばないように。
 「Vネック」は今の流行から外れている。
 最近は復活の兆しがあるけどまだ早い。
 「ベスト」は腕部分が寒い。
〇寒いって…
●いや年を取ると機能性の大事さに気づくよ。
 昨日なんだけど夜中に電気をつけずに階段を下りていたら足を踏み外した。
 とっさに壁で勢いを殺したけど支えた腕にダメージが。
 年を取ると反射神経が鈍くなってダメだね。
 鳴海だったらハーレクインまでの位置を目が見えなくても攻撃できるのに。

 
電気つけろよ。
 それで老いぼれエピソードがなんなんですか
●歳を取ると少しでも楽なものが着たくなるのさ。
 軽くて柔らかい生地とかね。
 特に一部でオーバーサイズなんか流行っているけど考えてもごらん。
 無駄な生地の重さが体にのしかかるしサイズ選びをミスっていると思われる危険もある。
 明らかにきつすぎるサイズも動きにくい。
 30過ぎた大人の男性にはジャストサイズ以外は勧められないね。
 ジャストサイズで最も着心地が良くなるように洋服は立体的に作られているから。
 老いぼれといえば『からくりサーカス』にパンタローネっていたでしょ
○敵の幹部の一人ですね
●あれの語源はイタリア喜劇で「パンタロン」っていうズボンを履いた男のことなんだよ。
それはズボンの回で言うことでは?

 

●ちなみに知らない人の為に説明しておくと『からくりサーカス』はサンデーでやっていたバトル漫画です。
 同じ作者の『うしおととら』は最近アニメ化もしましたね。
 作者の藤田和日郎先生は熱い漢の漫画を描くことで定評があります。
〇その情報いります?
●『からくりサーカス』って懸糸傀儡というマリオネットを使って戦うでしょ。
 つまり糸を使うというところでニットに話をつなげられるなと
〇つながらないですよ。
 藤田先生ならもう少しうまく伏線回収してくれます
●…伏線回収は次回にします
〇ブン投げた!?

 

 

邪眼は月輪に飛ぶ (ビッグコミックス)

邪眼は月輪に飛ぶ (ビッグコミックス)

 

●この間フクロウの漫画ないなと思っていたけど藤田先生のこれがあったわ
〇何この藤田推し

 

 ↓このアイコンを押すと今日1日いいことがあるでしょう(バーナム効果


人気ブログランキング

 

↓いつもの梟茶房のノリを知りたければこの記事

owl296380.hatenablog.com

 

↓「note」というサイトにも記事あります

note.mu