梟茶房(ふくろうさぼう)

男性向け衣食住の役立ち情報ブログ。累計10万PV突破。

【女性限定】夫や恋人の私服のダサさを改善する本当の手管

女性を悩ませるあの問題の闇に迫る!

f:id:owl296380:20171203194455j:plain

 

※noteで公開したものに一部追記があります。

○男性向けサイトにふさわしくないこのタイトルは何?
●男の好きな物が何かわかるかい?
○「若い美女」と「巨乳」でしたっけ。
●ごめん。
 それは確か過去記事で言ったけどちょっと忘れて。
 正解は少年ジャンプです。
 それを応用した服装改善法の提案をしたいんだ。
 ちなみにパートナーのいる女性にしかできない。
○どうしたんです突然?
●昨日のお昼にね。
 近所のフレンチでランチを堪能していたのよ。
○それはまた優雅なことで。
 というか平日の昼間から何を…
●隣の席に中年の夫婦が座っていて男性がポロシャツ・ジーパン・スニーカーと絵にかいたような中年。
 で奥さんが一方的に話して旦那があきらかにローテンション。
 典型的な子供がいなかったら別れる夫婦だなと。
 そこで思った。
 「近所をどげんかせんといかん」
○範囲せまっ!
 東国原さんに怒られますよ!
●いや服装をもう少し何とかすれば旦那の居心地も良くなるかなと。
 というか居心地が良くなればヘビーユーザーになってあの店のつぶれる可能性が減るよね。
 でnoteで女性側から改善する方法を提案してきた。
○なんつー利己的な理由

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

※本記事は男性にはショッキングな内容ですので読まないことを勧めます

 

f:id:owl296380:20170930183750p:plain

 

秋晴れのさわやかな季節を迎えましたがつつがなくお過ごしでしょうか。
ブログ・梟茶房 http://owl296380.hatenablog.com/ の服朗と申します。
ブログでは男性向けの衣食住の知恵紹介をメインに行っていますが
同時に漫画についても紹介しています。

さてタイトル画像の男性を見て「この服装レベルでOK」という方は読み進めてください。
「ダサい」「キザすぎる」など気に入らない方はここで読むのをやめて構いません。


【この服装レベルでOKという理由】
上記の写真を分析するとこうなります。
・ジャケットをラフに羽織れる
 ⇒お金がありそう。ドレスコードのある店などに行き慣れていそう
・シンプルでサイズが合っている
 ⇒知的である。洋服が立体裁断を基本としサイズを合わせるのが効率的と知っている。
・アクセサリなど余計なものを身につけない
 ⇒社会常識がある。まともな男性は腕時計と結婚指輪くらいしかつけない。

つまりあなたが求めているものは「金(余裕)があり知的で常識を持つ相手」です。

理由は「友達に自慢したい」なのか「相手に服で損をしてほしくない」なのかはわかりません。
僕が提案できるのは上の服装レベルにし、それを維持する方法です。

求めるものと違う方はここで読むのをやめて構いません。

そこで本題です。

これを無理矢理やらせたら絶対に失敗します。
亭主改造計画の旦那はすぐに元に戻り下手したら喧嘩になります。

なぜか?

あなたがダサいと思っている相手が「アホ」だからです。
別に知能が足りないとかいう話ではありません。
人の話を聴いていない観ていないという意味です。

だらしない服装の政治家や企業の重役がいないのはなぜなのか?
⇒社会から信用を得ようとした場合、最低限の身だしなみが求められる。
 やっぱり不潔だったりだらしないと相手が不快。
 日頃、人と接する上でその程度のことに気づいていません。
 だからあなたは今、相手のダサさにイラついているのです。

そしてこの話を説明した場合のリアクションは多分
「うるせぇ」「めんどくさい」「別に困らないからいい」
⇒これらすべて「俺をコントロールしようとすんな」ということです。
 男はホルモンの関係で攻撃的であり何かを強制されるのを嫌います。
 ちなみに相手が女性に限らず男同士でも同じです。
 お洒落な友人と一緒に買いに行かせるなども悪手と心得てください。


【ここまでのまとめ】
<ダサさをなんとかしようとしていると気づかれると反発して失敗する>


そこでタイトルの「手管(相手に気づかれずにコントロールする)」が必要になります。

かつては遊女が使い、現代では男性の大好きなキャバ嬢やAKBなどが多用してますね。
大金を支払っても男性はニコニコしてるでしょ。意味ないのに。

まず覚悟をしてください。
あなたは『赤毛のアン』や『小公女セーラ』の少女じみた考えを捨ててください。
なんでも疑問に思っても意味はないし良かったこと探しても問題は解決しません。

風と共に去りぬ』のスカーレットのように夕日に誓いを立てるのです。
戦時下で家族を守るには確かな覚悟が必要なのです。

それは相手にとっても幸せなことです。
服さえ変えればあなたの相手は仕事などで有利に生きていけるのです。
昔の人はこれを「内助の功」といいました。


「自分1人の力でここまでお洒落になれた。俺イケてるな」と思わせてください。
あなたの手柄で相手は気づいていませんがネタ晴らしは厳禁です。
そういうのが一番嫌われます。

ではそろそろ具体的な手法を公開します。

ダサいにもベクトルがあります。
これは大山旬というスタイリストが「無頓着派かこだわり派」と定義していました。
説明は省きますが、これから教える手管はそのどちらでも8~9割に有効です。

 


【ここまでのまとめ】
<男性を気持ちよく誘導してあげれば感謝される。これを手管と呼ぶ>

 


【男性の好きなものとは】
はっきり言います。

少年ジャンプです。

スポーツや政治、ファッションなど人の好みは様々ですが
ほとんどの男性はジャンプ漫画を通過儀礼のように何かしら読んでいます。

興味のない相手を振り向かせるには興味のわく部分に言い換えるのです。

例:×お洒落な服装
  ○女性にもてる服装(理性とかないのか)

  ×ファミリーカー
  ○最高速は250km/時(絶対使わないが数字大好き)

  ×シェフがイケメンでおいしいレストラン
  ○この店はミシュラン2つ星(権威に弱い)

ゆえにこれから説明する手段は少年ジャンプをキーワードにしています。
なぜなら少年ジャンプは男の8~9割が何かしら読んでいるからです。
※もしあなたの相手が残り1~2割ならあきらめてください


【5つの手順。必ず上から処理すること】

①『王様の仕立て屋』という漫画の1巻をさりげなく読ませる
 その際、下記のセリフを言ってください。
 「この作者、昔ジャンプで連載して1巻で打ち切りされてるんだって。
 でもこっちはおもしろいから累計200万部超えたみたい!」
 ・昔ジャンプで連載していた⇒確実に興味を持ちます
 ・打ち切り⇒車田も和月も多くの人気漫画家は打ち切り経験者です。
       悪印象はなく、俺だけが知ってる感を男性は好みます。
 ・200万部⇒男は権威や数字が大好きです。
 ・現在50巻近くになっていますがそのことは黙っていてください。
  連載中⇒じゃぁ完結してからでいいや
  50巻近い⇒長いな。めんどくさい
  実際は1話完結なので途中参戦可能なのですが。

 内容はファッション版ブラックジャックで医術の代わりに
 ファッションでお悩み解決していくと把握しておけばOKです。
 これにより相手の深層心理に
 「服がよければイケメンでなくても色々うまくいく」と刷り込まれます。

 ※3シーズンあり、どれでも構いませんが必ず1巻にしてください。
  他の巻は1冊丸々腕時計や1冊丸々靴とかだったりします。
  まずは服=トータルコーディネート=仕事や恋愛など実利があるとわからせてください。

 ※例えば『テラモリ』という紳士服漫画があります。
  この漫画はおもしろいですが乙女ゲーの雰囲気があり「※イケメン」みたいにヘソを曲げます。

 ※同様に『服を着るならこんなふうに』という漫画はHOW TOの要素が強すぎます。
  おもしろいですが押し付けられていると感じるのでNGです。

 ※『リアルクローズ』もおもしろいですが女性服中心なので論外です

無印良品にさりげなく連れていきインナー・パンツ・靴を買わせる
 ・無印は雑貨なども置いているので服を買いに行くと警戒させない
  うまく「ちょっと文房具見たい」など誘導してください。
 ・ユニクロと違いアイテム数が少なくベーシックでシンプル且つ地味色しかない
  選択肢があると真っ赤やシャツや冗談みたいな柄を選んできます。
 ・大型のショッピングビル内などテナントが全国にあり、入るのが簡単
  お洒落な店にアレルギーを持つ男は多いです。特にダサい男性は。
 ・無地(柄なし)のサイズがあった服を買わせる。絶対に黒色は選ばせない。
  だぶついたサイズはうまく誘導してください。
  1つ黒色を認めると全身黒になり不審者が完成します。

 各アイテムの選定方法を教えます。
 インナー・長袖シャツが理想です。シャツはボタンを留めるのが面倒と言い出す人がいるのでTシャツでもOK。
 パンツ・だぶついたものを欲しがった場合はストレッチ素材のものを試着させて「すっきりして素敵」とかで。
 靴・革靴が理想ですが嫌がった場合はスニーカーでもいいです。オールスターやスタンスミス系のローテクが無難。
 ※ちなみに高価なブランド物は与えないでください。
  確かに着心地が良かったりしますが、パートナーが無駄な散財をするのを許すべきではありません。
  男性アイテムは総じて女性よりも高めの値段設定にされてハマると洒落になりません。

③ジャケットを買わせる
 紺色のジャケット(できればストレッチ素材)を買わせてください。
 正しい選び方は本ブログの「ジャケットを私服にすれば世界が変わる」という記事に記載しています。
 スーツを買うときなどにさりげなくジャケット1つあると便利など吹き込むのです。
 難しければ無印のジャケットでも構いませんが黒色は選ばせないでください。
 合理的な理由はモードの色で信頼が必要なクラシックで使わない色=常識のある男性は選ばないなのですが
 理屈をいうと反発します。こっちの方が似合っているなど褒めて紺や濃灰色に誘導してください。


④彼がその服を着た時だけいつもより優しくしてあげる
 ネズミの実験で「レバーを押すとエサが出る」「レバーを押さなくてもエサが出る」とした場合
 ネズミは明らかに「レバーを押すとエサが出る」を好みます。
 なぜなら達成感を得られるからです。
 これを繰り返すと心理学で「内発的動機づけ」と呼ばれる状態になります。
 主にパチンコで使われる理論です。

 応用するとこうなります。
 レバーを押す=買った服を着させる
        デートや少し高いレストラン、親に会うなど必要な状況に追い込む。
 エサを与える=間接的に褒める(直接言うとわざとらしい)
        ・「さっきのお店で女性の店員さんに素敵な彼氏ですねって褒められた」(嘘でOK)
        ・好物を出す
        ・ベットでいつもよりサービスする
        ・子供にパパカッコいいと言わせる

 繰り返せば自発的に買った服を着るようになるでしょう。

 私の男は実験動物じゃないって?
 男とネズミにそこまで大きな差はありません。
 どっちも喰う・寝る・遊ぶ(性行為・趣味・仕事…)しかしません。

⑤当ブログを読んでいると「俺を操っていたのか」とキレる可能性があります。
 その際は、「このサイトはジャンプのパロディばっかやってて笑える」など
 少年ジャンプを想起させて「おもしろいジャンプ漫画ってある?」など
 話題をそらせばいいでしょう。


【ここまでのまとめ】
<男性はいい年をしても少年ジャンプが好き。それを利用するべき>


【絶対にやってはいけないこと】
・相手をコントロールしようと悟られる(気づかせなければOK)
 ここまで読んだ方に説明は不要ですね。

・選んだり買ったりしてあげる
 自発的に使い方を学ばせないと着なくなります。
 また自分の趣味ではない服を着せられると操られていると考えます。
 買わせる場合はさりげなく。

・ダサいなど直接、ネガティブな発言・行動する
 反発するか努力を認めてもらえないと落胆します

NGワードを言う
 「お洒落」とは言わず「素敵」。「ストレッチ素材」ではなく「ジャージと同じ生地」
 ファッション用語にアレルギーを持つ男性はいます。

・店員と話をさせない
 彼らは「服のプロ」ではなく「服を売るプロ」です。
 あなたの相手はカモに過ぎませんから「不人気在庫」を買ってしまいます。

・だれかと比較する
 「若くてイケメンでスタイルが良く大企業に勤めて穏やかな性格で礼儀正しくユーモアもあり服装も完璧で妻子を溺愛している」という
 「吉田秋生惣領冬実の漫画から抜け出してきたスペックモンスターかよ」と男の僕でもツッコミを入れたくなる人間に会ったことがあります。
 あきらめてください。そういう相手に出会えるのは宝くじ1等より確率が低いです。
 上記のスペックの中で唯一「服装」だけはすぐに変えることができます。


【最後に】
女性ならわかっていると思いますが
見た目とは服装だけでなく
・髪型
・肌(男性は化粧できないので髭剃りやメンテナンス)
・カバンなどの小物
・立ち振る舞い
なども関わってきます。

今回の手法を学んだあなたなら大丈夫。
同じ手順で応用できるはずです。

それにもし失敗しても大丈夫。
最善を尽くしたあなたにこの言葉を捧げます。
明日は明日の風が吹くbyスカーレットオハラ」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

不倫食堂 1 (ヤングジャンプコミックス)

不倫食堂 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

 ○最後にとんでもない漫画紹介していった
●いやそれは違う。
 『孤独のグルメ』から始まったただ食事をするだけでおもしろいブーム
 ⇒じゃ中年のおっさんじゃなくて美少女にすればさらに売れね?
 ⇒あまつさえリアクションをいやらしくすれば良くね
 ⇒それだ!(編集部内会議)
 という「美少女喰いレポ漫画」で各社のチキンレースの最先端に位置する名作だよ。
 飛ばしすぎて崖下に落下した感はあるけど
○いや今までの邪悪なりに役に立つ話を台無しにするなということなんですが…
●江戸時代の言葉で「一盗二婢三妾四妓五妻」という言葉があります。
 一盗とは人妻や恋人のいる女性が…
○やめて!
 …というか待ってください。
 これやったら男がモテて浮気する可能性が上がりません?
●…明日は明日の風が吹く(遠い目)